【仕事と向き合う】出世する方法【3つのポイント】

【仕事と向き合う】出世する方法
目次

出世する3つのポイント

ひーろー

出世したいと思ったら、どんなことを意識したらいいのかな?

「人生のコンパス」をもつ

ジーコ・K・ハーツ

そうだな。
出世するための3つのポイントを教えよう。

まず、第一に「人生のコンパス」をもつことだ。

ひーろー

それって、なに?

ジーコ・K・ハーツ

自分の価値観を理解して、
向かうべき方向をしめすのが「人生のコンパス」だよ。

ひーろー

コンパスを持つと、
どのように仕事へ役立つの?

ジーコ・K・ハーツ

たとえば航海にでるとき、
コンパスがないことは、とっても危険だ。

計画が必要な仕事を成功させたいとき、
方向性がハッキリしていないと、
失敗する可能性が高いよね?

ひーろー

うん。
それはなんとなく分かる。

ジーコ・K・ハーツ

出世したいなら、
まず仕事と向き合って、
自分の中で仕事に対する価値観をハッキリさせよう。

そのためには、
自分の心と対話して「人生の軸」を見つけると良い。
生き方がわからない? 自分を知ることで、人生の軸を見つけよう!/学びドコロ)

ひーろー

なるほど。

じゃあ、コンパスを見つけるには、
自己分析すると良いってことだね。

ジーコ・K・ハーツ

そのとおりだ。

しっかりと自己分析できれば、
なにか起きてもブレないコンパスを見つけることができる。

仮に途中でコンパスが違っていることに気づいたら
別のコンパスを探せばいい

仕事に没頭していても、
子どもが生まれたら、
家族を大切にする生き方へ変えるのもいいだろう。

ジーコ・K・ハーツ

「人生のコンパス」を持てば、
つよい意志で前にすすめる

ぜひ、コンパスを見つけてほしい。

ひーろー

コンパスが大切なのは分かったよ。

ほかのポイントも教えてほしいな。

周りの人を好きになる

ジーコ・K・ハーツ

二つ目は、周りの人を好きになること。

ひーろー

「人から好かれるようになろう」
っていうのは、よく聞くけど・・・。

ジーコ・K・ハーツ

人から好かれる人は、
さまざまな点で周りの人に助けてもらえるよね?

ひーろー

それは分かる気がするよ。

ジーコ・K・ハーツ

だから、
好かれる人を目指すといいんだけど、
好かれるというのは自分でコントロールできない

人を好きになるのは自分次第で、
どうにでもなる。

人は好意を受けたら、
好意で返そうとする
生き物だから、
人を好きになることを目指すんだ。

ひーろー

それって、
心理学で聞いたことがあるよ。

返報性(へんぽうせい)って、法則だね。

ジーコ・K・ハーツ

そうだよ。

だから、
人のいいところや感謝できるポイントを見つけて、
自分から好きになるんだ。

いろいろな企業が入っているビルで、
受付している女性
が話してたことだけど、
こんなエピソードがあるぞ。

  • 〇〇さんだけなの。毎日通るときに私と目を合わせて、「△△さん、おはよう!」とか、「いつもありがとう」と挨拶してくれるのは」
  • 「〇〇さんの会社をたずねてくるお客様には、ついつい愛想よくしてしまうわ」
  • 「〇〇さんに休日出勤をたのまれたら、よろこんで出てくるわ」
ジーコ・K・ハーツ

会社に直接関係のない受付の女性に、
そこまで思わせてしまうなんて、
おどろかないか?

〇〇さんは、
好意をもつことで、好意が返されてる

結果的に、人から好かれるようになってるよね。

ひーろー

なるほど。
だから、周りの人を好きになることが大切なんだね。

相手に対する想像力をはたらかせる

ジーコ・K・ハーツ

三つ目は、相手に対する想像力をはたらかせること。

ひーろー

それも聞いただけじゃ、
ピンとこないな・・・。

ジーコ・K・ハーツ

きみが上司へ報告するとき、
気をつけていることはあるかな?

ひーろー

うん。

報告したとき、
わかってもらえるよう内容を組み立てておこうとか、
内容を上司がどう思うのか、
どのような返答がくるのか、

とかいろいろ考えてるね。

ひーろー

・・・あっ、そうか。
相手に対して想像力をはたらかせてるね。

ジーコ・K・ハーツ

そのとおりだ。

それに営業職の場合は、
顧客はどのようなものが欲しいかを分からないといけないよね?

ひーろー

うん。

それも想像力をはたらかせる必要があるね。

ジーコ・K・ハーツ

たとえば、
営業の電話を行うときは、
どのようなことを考える?

ひーろー

う~ん。
上司への報告とおなじで、
まず「納得してもらえるように内容を組み立てよう
とか考えるね。

それに「今は電話しても、さしつかえない時間帯か?
とかも考えるかな。

ジーコ・K・ハーツ

あと、
顧客に提案を受け入れてもらいたい時は、
どんな内容が効果的だと思う?

ひーろー

そうだね。
相手にとってのメリットを提示しないといけないよね。

ジーコ・K・ハーツ

そうだよね。

その上で、
提案に対して共感してもらうことも重要だ。

たとえば相手の価値観さえも調べることができれば、
その価値観を提案内容に反映できる。

そこまですると、
提案を受け入れてもらえる可能性が高まるぞ。

ひーろー

たしかに。

その人の価値観が入っていれば、
話しがわかってもらいやすいね。

ジーコ・K・ハーツ

そのとおり。

相手のことは、
FacebookInstagramなどのアカウントから
調べられる場合がある。

仮に相手が本を出版するほどの人であれば、
本から価値観が読みとれるだろう。

相手の立場になって、
何が欲しいのかを考える
ことは、
大きな武器になるんだ。

ひーろー

なるほど。

想像力をはたらかせることが、
とても重要だって分かったよ。

まとめ

  • 「人生のコンパス」をもつ
  • 周りの人を好きになる
  • 相手に対する想像力をはたらかせる
ジーコ・K・ハーツ

これらのポイントは「人生の勝算」という本で紹介されている。

「人生の勝算」は著者の生い立ちから起業するまでが紹介してあるんだけど、
著者は読んでくれる人に役立つことを意識して書いてるそうだ。

ひーろー

著者の前田裕二さんって、
テレビ番組のコメンテーターとして出演してる人でしょ?!

ジーコ・K・ハーツ

そのとおり。

ほかには著書でという本もあるんだけど、
本業はSHOWROOM(ショールーム)というアプリを運営している会社の社長なんだ。

事業内容は参考にならないかもしれないけど、
営業や管理者など“人に動いてもらいたい”仕事をしているひとにも役立つ内容になっているぞ。

ひーろー

3つのポイントも含めて、
気になるから「」を読んでみようかな。

教えてくれて、ありがとう!

目次
閉じる