文章の書き方【まとめ】

文章の書き方【まとめ】
目次

わかりやすい文章を目指す

ジーコ・K・ハーツ

文章の書き方や考え方を、まえに話したよね?

ひーろー

うん。
いろいろと、教えてもらったね。

でも、少しずつ頭から抜けてしまっている気がする・・・。

ジーコ・K・ハーツ

大丈夫。
誰しも、同じことをくりかえし確認しないと、忘れてしまうものだ。

今日は、わかりやすい文章を作成するためのポイントをふり返ってみよう。

おおまかな作成の流れ

ジーコ・K・ハーツ

文章は上手く書こうとすると、手がとまってしまう。

うまい文章が求められているのは、小説や面白さを求めるWebの記事ぐらいだろう。

仕事は、うまい文章ではなく、わかりやすい文章が求められる。

ひーろー

いきなり文章をつくらずに、とりあえず内容を箇条書きにするんだよね。

箇条書きにするのは、「事実」「数字」「エピソード」ということを覚えているよ。

ジーコ・K・ハーツ

うん。
箇条書きにしたあとは、相手へ話すような順番に並びかえるだけ。

文章チェックのコツとともに、3つのステップを説明したはずだ。

一文を作成するポイント

ひーろー

覚えているよ!

作成の流れが分かりやすかったから、あとで文章の基本も知りたくなったんだよね。

自分で調べてみたんだけど、主語とか、述語とか、ふだん使わない言葉にウンザリしたんだよ。

ジーコ・K・ハーツ

そうだったね。

それで、まずは一つ一つの文を分かりやすくするポイントを話したはずだ。

ひーろー

うん。
一文の長さを短くしたり、一文で伝えることは一つだけにするという簡単なポイントだったから、すぐ理解できた。

わかりやすい文章が求められている理由も理解できて、勉強になったよ。

文をつなげるポイント

ジーコ・K・ハーツ

箇条書きにした文を並びかえたら、文と文をつなげていく必要がある。

その時に気をつけるポイントも説明したね。

ひーろー

うん。
「しかし」「ただ」とか、「この」「これ」とかの使いかたを教えてもらったね。

それに、

“かならずしも文法を守らなくていい
“スラスラ読めるリズムを意識する”


と聞いたら、文章への抵抗が少なくなったんだ。

ジーコ・K・ハーツ

それは良かった!

読みやすい文章は、わかりやすい文章に通じる

文章を作成するときに、ぜひ意識してみてほしいね。

作成前から意識すること

ひーろー

文章作成の基本は分かったんだけど、どのように書いたらいいのか分からなくなるんだよね。

「この文、おかしくないかな?」と気になったりもする。

どう考えると良いのか教えてもらった気がするけど・・・。

ジーコ・K・ハーツ

そうだったね。
文章の作成をはじめる前から意識してほしいことも話したね。

ひとつの考え方は、文をつなげる説明のところで話しがあった、「リズム」。

「読みやすい文章のリズムを覚えてほしい」と話したと思う。

ひーろー

あっ。
“本や出版物の中から、自分がスラスラ読める文章をさがすという話だね。

それは覚えていたけど・・・、ほかの考え方がでてこないな。

ごめんなさい・・・。

ジーコ・K・ハーツ

大丈夫。気にしなくていい。

ほかの考え方は、

“文章を作成する本当の目的は「どうしてほしいのかを伝える」こと”

「読む人の立場、知識、考え方」を想像して、伝える内容を決める”

だよ。

ひーろー

そうか!そうだったね。

「文章は、ひとに何かを伝えるための手段」という、根本的な考え方を忘れてる・・・。

わかりやすい文章をつくるために、とても大切な考え方だね。

ジーコ・K・ハーツ

そのとおり。
文章作成の考え方や書き方を身につけるには、くり返して取り組むしかないだろう。

わかりやすい文章を作成するためのポイントを意識して、実践してみてほしい。

ひーろー

わかった。
学んだことも、くり返さないとダメだね・・・。

ふり返ってもらえて良かったよ。
ありがとう。

目次
閉じる